読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawaの購入記録

漫画、小説、映画や買ったものの記録をつらつらしていきます。昔は一部技術情報もありました…

コウノドリ 16巻

今回は帝王切開した妊婦さんが自然分娩するVBAC。ただ、そのリスクは子宮破裂するかどうかというほぼ一点らしい。そしてそのリスクは妊婦さんが丸抱え。結局妊婦さんは帝王切開になったけど、やっぱり出産は家族の協力ないとどうしようもないですね。旦那さ…

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 7巻

窪田プランとは病院の直接のもうけにならない、しかし優秀な病理、放射線診断医をそれぞれ独立させて技術をふるってもらい、病院としてはいまいち儲けにならない病理や放射線診断を外に出してしまおうというプラン。 もちろん何もイベントがなくてはできない…

コウノドリ 15巻

小松さんにもようやく春到来?友人の結婚式に招待されていったところ遭遇したのは有名なピアニスト山下ジョージ。サクラことベイビー以上に著名な模様。そんなペルソナ病院に新しい新生児科医が着任。なんと航空宇宙工学科で飛行機を作っていたけど、子供が…

コウノドリ 14巻

奇しくもと言うか、同じ日に医療漫画が二冊同時に発売。今回は世間を騒がせている子宮頸がんの話完結。プロジェクトを任される矢先に妊娠発覚して、調べたところ子宮頸がんになっていることが発覚。 一部切除で済むかと一縷の希望を託すものの、やはり子宮摘…

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 6巻

高柴先生編、本当に終了。もともと高柴先生が放射線科を定年間際に追われたのは若い医師と技師が意見が合わず、若い医師がコンサルタントと結託して、追い出そうとしたものの、コンサルタントには放射線診断から撤退するという遠大な目標があり、逆に映像診…

コウノドリ 13巻

下屋先生が救急に行ってしまって戦力ダウンのところ、サクラと四宮の後輩にあたる女性の産婦人科医の倉崎先生。旦那の新生児科医が浮気したことと、自身のキャリアが妊娠で失われるのかということに気付いて離婚に踏み切ったと。確かに医師免許とって数年で…

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 5巻

セカンドオピニオン編終了。4巻では若いお母さんが息子の突然の病変にどうしたものかと慌てて岸先生の病院のセカンドオピニオンを受けに来たと。 そもそも近所の小児科にかかって、診察を受けたものの夜に病変。大きい大学病院の診察を受けたものの、肺の手…

コウノドリ 12巻

妊婦にとって身近で凶悪な敵は太りすぎ。個人差もありますが、増えても10kgくらいまでが望ましいとされているようです。子供の大きさは3kg程度なのに…。しかし、つわりの時期を過ぎると猛烈に食欲が出てきて、さらにだるいなどの理由で動かないから加速する…

コウノドリ 11巻

死産ってきっついですねぇ。しかもおなかの中で亡くなったというのは…エコーは何度も見たことありますが、あれで心音がわかるってのもつくづくすごいと思います。 今回やっと授かった子供がおなかの中で亡くなって、でもそんなことは同室の切迫早産で入院し…

フラジャイル 4巻

JS1編終了。特定のケースでは確かに有効な新薬JS1だけど、膵臓の機能が低下して、患者には猛烈な痛みが発生するという副作用も伴う。岸先生はじめみんなで考えるも原因が全く特定できない。 走行しているうちに一週間以内の死亡率2割という状況まで悪化して…

コウノドリ 10巻

今回は麻酔を使用して陣痛なしで分娩するという無痛分娩と母子ともに危険のある切迫早産といったやばい話です。 無痛分娩は欧米では主流だそうですが、日本では基本オプション扱いで、ごく一部のクリニックか心臓疾患などで医師が危険と判断したときくらいだ…

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 3巻

患者を持たず、執刀南下するはずのない病理医の岸先生がなんで手術着の表紙?と思ったらなくなった患者さんを解剖して、調べるという剖検もありましたか。そういえば動物のお医者さんでも病理の担当は正月盆暮れ関係なく剖検が入るとバイトもすべて吹っ飛ぶ……

コウノドリ7巻

一巻丸ごと生まれながらの問題を抱えた子供たちの話。しかも生きながらえられるかどうかわからない宿命を持った人と家族の話です。 いやぁ、これは人の親としてちょっといたたまれない話が続きます。新生児科医もいたたまれなくなったのかバーンアウト…確か…

フラジャイル1巻

医療漫画といえばブラックジャックを筆頭に天才外科医とか、ヒューマンドラマ系、実録系になると思いますが、唯一(?)患者と直接接触しない病理医がテーマの本作品。 しかし、医者以上に患者の病気に相対する変人、岸京一郎。どんな摩擦や軋轢も気にせず担当…

コウノドリ 1巻

産婦人科医を主人公とした出産をテーマにした漫画です。私も出産が身近なイベントだったので、どの話も結構感情移入させられます。 うちは大丈夫だったけれど、奥さんの喫煙、安定期に入っての旅行。特に今連載の安定期に入っての旅行。うちもちょっと考えた…