kkamegawaの購入記録

漫画、小説、映画や買ったものの記録をつらつらしていきます。昔は一部技術情報もありました…

戦争

アルスラーン戦記 7巻

アルスラーンのシンドゥラ遠征がいよいよはじまり。遠征に至るまでの、いまいち信用ならないラジェンドラとアルスラーンが意外な感じで手を組み、しかし、それぞれが相手の進路をラジェンドラと王位を争っている相手ガーデーヴィ王子に送り付けるという、戦…

ヴィンランド・サガ19巻

軍団の跡目争いに巻き込まれてしまったトルフィン。フローキは政治屋で、自分の孫を軍団長にするべく動いているので、トールズの血を引いているトルフィンがめっちゃ邪魔。しかし、トルフィンを押しているシグヴァルディ側もフローキの孫の暗殺に余念がなさ…

進撃の巨人 21巻

一つのけじめと、過去の謎を解き明かし始める21巻ですね。 巨人のボスからの投石攻撃を受けて瀕死の重傷を負ったエルヴィン団長と超大型巨人のライナーを倒すために犠牲になったアルミン。どちらもほっとけば死ぬ状態で、生かす手段としては巨人化の注射をし…

銀河英雄伝説 4巻

第六次いぜるろーん要塞攻略も大詰め。同盟はミサイル部隊で強襲するも、見抜いたラインハルトと貴下の艦隊によって逆転の目を許す形になる。 しかし、その逆転の策はラインハルト自らがおとりになり、トールハンマーの射線上におびき出すので一歩間違えば同…

狼の口ヴォルフスムント 8巻

ちょっと長いなと思ったら、これが最終巻?長いなと思ったら、森林連邦が独立を勝ち取るところまで描かれましたね。戦争の終盤ということで、かなりグロイシーンが多いけど、中世の戦争だからやむを得ないか。 公弟レオポルドは残党の200人を騎士を含む2000…

アルスラーン戦記6巻

ヴァフリーズの手紙を受け取って以来、精彩がないバフマン。アルスラーンがすぐそこにきていることを察知して、バフマンを無視して準備を整えるキシュワード。そんな中、隣国のシンドゥラで王位を争っている、長兄ガーデーヴィー配下が国境を犯して攻め込む…

ゴールデンカムイ 8巻

入墨人皮の争奪戦も後半に入ったかと思ったら、鶴見中尉にぞっこんになったキ印の剥製作家、江渡貝に入墨の偽物を作らせて、他陣営を混乱させようという策で話の引き延ばし? しかし偽物は相手にとってだけ効果がある、つまり味方が混乱しては意味がない。ど…

マージナル・オペレーション 6巻

タイに入国早々現地のエージェント…ではなく、クライアントから平手打ちを食らうものの、条件が良いのでクライアントの頭が少々弱くてもいいかと早々と契約してしまうアラタ。 子供使いとして知られるアラタを憎むクライアントはどんな人なのかと思えば、結…

ドリフターズ 5巻

アニメ化も決まって絶好調なドリフターズ。 www.nbcuni.co.jp いよいよ黒王がゴブリン、コボルト、オーガなどを軍として編成して、人間が住まうオルテに侵攻開始。黒王は人間を悉く丁寧に、徹底的にすりつぶす気まんまん。しかもこれが世界に対する救世だと…

アルスラーン戦記 5巻

前も書いたと思いますが、荒川先生がアルスラーン戦記を描くと聞いたとき、不安6割、期待4割といったところでした。でも今は面白く続きが楽しみです。荒川先生は基本的に筆が早いように思いますので(休載はご家庭の事情もあったようですし)、原作に追いつき…

ホークウッド 8巻

イングランドとフランスの百年戦争に一通りのけりがついたところで、本作も終了ですか。歴史としてはここからもう少し下がるとジャンヌ・ダルクが出てきて押し返すのですが、そこまではやらずなんですね。作品としてはイングランド軍と袂を分かったホークウ…

マージナル・オペレーション 5巻

連載は大好きで前から読んでいます。会社が突然倒産して、当面の資金を捻出しないといけないと思っていたアラタがたまたま募集していた民間軍事会社に就職。 実は非凡な戦争オペレーターとしての才能を活かしてなんとか居場所をつかむものの、微妙な民族紛争…

海賊とよばれた男 6巻

石油メジャーとの競争激化、ですね。メジャーはGHQと組んで、ではないかもしれないけど、あらゆる手で国岡商店に間接的な圧力というか、商売しづらいようにしかけるものの、なんとか乗り切っている感じです。 店主国岡のがんばりと魅力とあきらめない姿勢が…

軍靴のバルツァー 8巻

バーゼルの王位を争った第一王子と第二王子の間での争いはとうとう第一王子のクーデターという形(普通第一王子はそのまま継承できるのにねぇ)で激化。 バルツァーが軍事顧問として赴任していた学校は第二王子と国王が立てこもり、必死に地方諸侯の援軍を待つ…

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ 5巻

中世の戦争ものが続きます(^^;。たまたまですが。 男女とも全裸で敵軍に突っ込む新しい勢力アダム派の登場。幻覚作用のある薬を使ってハイになり、男女の結合して、光の道が見えた!ということで、その先に進むんだそうな。統率もいろいろトラウマを抱えて、…

狼の口 ヴォルフスムント 7巻

狼の口と呼ばれた砦を開放して、ハプスブルク家の支配からの脱出に光明が見えはじめた森林同盟軍。しかし、戦上手として知られた公弟レオポルドがとうとう軍を率いてやってきた。 森林同盟軍は農民主体とはいえ、士気は高い、落とすのが難しいと思われた砦も…

ホークウッド 7巻

イングランドとフランス百年戦争も佳境です。とうとうフランス王が意を決して出陣。今まで出ていなかったのは確実にイングランドを葬るための政治的な決断のためだったそうで。 ホークウッド率いる傭兵団はイングランド王からフランス王に開戦の貢物を贈ると…

ヴィンランド・サガ 16巻

無事にギリシアへの大冒険に出るはずが、ただでは済まされないトルフィン御一行様。 旦那を刺したグズリーズを拾い、部族同士のいさかいで、一族全滅してただ一人生き残った男の子を拾い、挙句の果てにはかつてトルフィンがヴァイキング時代に襲った村の生き…

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ 4巻

カトリック派が堅守する重要拠点ヴィシェフラト城をヤン・ジシュカ率いるフス派軍は攻めあぐんでいた。騎士と民兵の連携もいまいちうまくいかず、ジシュカ自身も矢傷で失明の危機に陥るという三重苦。 攻城戦ということで、ジシュカがあてにしていた天才工学…

進撃の巨人15巻

表紙をAmazonで見たとき、「これ一時的な表紙だよね」と思っていたらまさか正式版だとは(^^;。 話がどんどん進んで、とうとうクーデターが開始。中央憲兵の一番偉い人もクーデター嗜好だったとは。そこに至るまでの計画を立てるのが楽しいって、それなんて映…

MASTERキートン Reマスター

お久しぶりのマスターキートン。本屋やamazonでも絶賛発売中で、通常版は売り切れてて、カラー再現した豪華版を買いました…というか、Kindle版出ないのかー。 いつも通り人情話あり、SAS時代の暗い話あり、考古学者としての話あり、世界の暗い話あり。いずれ…

狼の口1-6巻

前から気になっていたんですが、角川祭りでお安かったので一気買い。ハプスブルク家からの独立をもくろむ森林三連邦が外部と連携するためにハプスブルク家が設置した関所をあの手この手で抜けようとする有志達。しかしそれを悪魔のような目で一切見逃さない…

進撃の巨人14巻

巨人との戦いではなくて、内戦の話になりつつありますね。サシャが重要人物かと思っていたらなんと、本来の王家の血筋(でも妾腹の血筋)だそうで。しかし相手もなかなか強固な忠誠心持っているもんですね。仲たがいさせたように見せて自白を導き出すとは巨人…

海賊とよばれた男1巻

出光興産を作った出光佐三の生涯をベースにしたフィクションだそうです。戦後とか須本先生の絵柄によく合っていると思います。 出光佐三 - wikipedia 多少の脚色はあるのかもしれませんが、話と話の間の補足記事でそのあたりに触れられるのかもしれません。…

進撃の巨人13巻

多大な犠牲を払ったものの、無事にエレンを救出した104期の仲間たち。ライナーとベルトルトはどこかに行ってしまいました。どこかはまだ内緒。しかし、エレンをほしがる一団がいることも判明してきます。 コニーの村で湧いて出た巨人はどうもコニーの村の住…

軍靴のバルツァー6巻

久しぶりすぎて内容忘れそう。無事に敵の追撃を振り切り、騎兵不要論の一端を見せたバルツァー。表立った戦争から裏の政治闘争に舞台を移すんですな。戦争を継続させたい軍司令部の思惑もあって、送られてきた人はなんの権限もない官僚。もうここまで来たら…

redEyes 1巻

AmazonのKindleで99円セール対象だったので購入。前からちょっと読みたかった本…ではなかったです(^^;(ほかの本と勘違いしていました)。でも買ってよかったかな。 戦争末期に超人部隊の隊長が裏切った…のは副官にはめられて、ぬれぎぬを着せられたから。捕ま…

超人ロック風の抱擁 4巻

ロボット状態になってしまって、ロックとの記憶も消されてしまったミラ。そして、三十万年は維持可能という時間庫もどきににとらわれているロック。 ヨシノ元長官がロックの元教え子の要請を受けて、張り切って救出作戦スタート。意外とあっさり開放できたも…

暗殺教室2巻

殺伐としたのかと思いきや、意外とハートフルなというか、生徒の自立を促す方向に進んでいる殺せんせーの授業。 新キャラビッチ先生(本来はbじゃなくて、vで~子という意味だそうだ)もあっという間に殺せんせーの毒牙にかかってしまう。常識にとらわれすぎと…

拳奴死闘伝セスタス 3巻

いよいよコンコルディア闘技大会本戦の始まり始まり。参加者一人一人に思うところはあるようで。 故郷に錦を飾りに帰ったアドニス、再起を期すエムデン、普通に見て拳闘する人に見えないイオタ。華やかに開催される…前に不正を働いているシチリア総督を罷免…

軍靴のバルツァー4巻

戦争まっしぐらなヴァイセン。同盟を結んでいるバーゼルランドからもう一歩先に進むための交渉を、ということで、派遣されているバルツァーに王族の弱みなり、交渉できる握って交渉の席に着くようにさせるというのが一つ前の巻。 第二王子はバルツァーを割と…

軍靴のバルツァー 3巻

戦争は戦術よりも戦略が重要ですね。 無事に地方の労働階級のデモを鎮圧したものの、背後で火種を起こしたがっているリープクネヒト君の策略に乗せられて、鎮圧出動したはずがすっかり悪役の扱い。若者の命は地方の貧困層には勲章で買えるほど安く、都市の富…

ムダヅモ無き改革8巻

レンホーのあの襟にはそんな仕掛けがっ(驚)。 あまりにも見事なあがりすぎたので、コンビうちの基本、ローズ(通し)の可能性に気付く乾。有名なのは「明日は晴れるかなぁ」。で二の二の天和ですかね。ところがどうやってレンホー姉妹が通しをしているのかわか…

超時空要塞マクロス THE FIRST 4巻

テレビシリーズでは比較的あっさりだった火星基地の話にいろいろと枝葉を付けますね。特に最初の話が「あれ、なんでミンメイが高校生でアオザイきてるの?」と思ったら、思い出話だし。どうやって南アタリア島まで行ったと思ったら、そういうことで旅費ガメ…

チェーザレ 破壊の創造者 9巻

とうとうナポリ、ミラノ、フィレンツェの三国同盟もナポリ王の離脱により崩壊。フィレンツェもナポリに続くことになり、ボルジアと一時的に袂を分かつことになってしまいました。 しかしこれは前回の教皇戦で強力なこの三国同盟の後ろ盾があったにもかかわら…

軍靴のバルツァー 2巻

騎兵科のエースは男装の麗人でした。 国力の増強には少々強引な手段を使っても国力増強ということで砲兵科の生徒(主席)の実家の兵器工場をTOBして第二王子直轄工場に接収。やることは強引だけど、この状況だったらある程度強引な手順も必要ですかね。 でも面…