読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawaの購入記録

漫画、小説、映画や買ったものの記録をつらつらしていきます。昔は一部技術情報もありました…

ハリーポッターと賢者の石

日記 感想

 やっとハリーポッターと賢者の石を読んだ。といっても、豪華な方ではなくて、最近出た携帯版。豪華な方はどうも厚くなりすぎて嫌いだ(お財布とタダでさえ狭い本棚にも優しくない)。

 そもそも豪華すぎる。普通に購入する本でこんな装丁をするのは日本だけじゃなかろうか(映画のパンフがあんなに豪華なのは日本だけと聞いたことがある)。海外はほとんどがペーパーバッグと呼ばれる質のよろしくない紙で、安価に売られている。

 日本では再販価格維持制度のために長らく固定価格だったけど、今では出版者の判断でできるそうだ(そういえば会社の売店や生協などで1割引してくれるのはどういう理由からだろう?)。 

 前半はちょっと展開が?と思うところがあった。イマイチ感情移入しにくいというか、お話だからというのもあるけれど、「こんな行動するか?」と思うところが多々あった。後半からはいい感じに読めていく。一回だけ出ておしまいかと思っていたヴォルデモード卿も形を変えて出てくるし。

 映画館では見損ねたけど、DVDは未開封なので、そろそろ見ようかな。って、アズカバンの囚人も出てるけど(^^;。携帯版も入手済みなので、ゆっくり読みましょう。

aisbn:4915512495ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版)