読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawaの購入記録

漫画、小説、映画や買ったものの記録をつらつらしていきます。昔は一部技術情報もありました…

超人ロック ホリーサークル2巻

漫画 SF マンガ
一巻の末尾で超ピンチになった親玉ユウジ。 ところがどっこい、大量にあるクローンとユウジの根性はかなりしぶとい。やられたと思ったけど、小動物に一部をコピーして、そこからさらにコピーコピー。同じバックアップが無限にあればいくらやられても問題ないという話。戻せるバックアップは重要ですね。 今度はロックにやられないように、慎重に辺境の星から若返りを平等に受けられる、というお題目で信奉者をどんどん増やして連邦から独立するという勢力を増やすやり方を取ったユウジ。暗殺されても三日後にどこからかクローンが出てくるから始末が悪い。 連邦も手を焼いて、暗殺しようとしても誰かが先回りして暗殺できないってことがわかる程度。じゃあということで、腕っこきの電子使いをロックの元で使ってみようとしても、クローンにデータ転送して復活に三日かかるというのは実はわざと作った隙という憎らしさ。なんとまぁ。 着々と進む辺境支配。ユウジの目的はどうも確たるものじゃなく、支配下に置いた人たちが右往左往するのを見て楽しむ神様モードにあるという感じ。 実は数秒で復活してしまうユウジには電子使いの追跡も効かない。さて、ロック君はどうする?