読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawaの購入記録

漫画、小説、映画や買ったものの記録をつらつらしていきます。昔は一部技術情報もありました…

フラジャイル2巻

病理医岸先生の所見の第二巻。相変わらずの岸先生。せっかく同じ意見の先生が見つかったかと思えばとんでもないxxな人で、結局見放されてしまって、逆に弱みを握られるという…。

アルコール好きの時計技師がどうにかして飲むためにメチルアルコールを混ぜていた人の話。救命からアルコール中毒と診断されたものの、どうにも合わない。よくよく調べてみたら違っていたという…。

医者は診断のために30秒、何も聞かずに患者のいうことにじっと耳を傾けなくてはならない、というルールがあるものの、やはり慣れてしまうとそれも守られない。これは医者に限らずどの世界でもありがちですね。思い込みから「こうだろう」と思いこんでしまうんですよね。

女性が子宮がんではないか、と疑っていたけどどうにも診断がつかない話。さすがの岸先生も悩んで、かつての指導教官にまで相談を持ち掛けるくらい。しかし、二人で診断したら責任が分散されてしまってよくない、というポリシーで否定する根拠はない、というだけ。

こういうのはトラブル診断でもそうですが、最終決定に責任を持つというのはなかなか胃が痛いことです。

ブイブイ言わせる岸先生が今後どうなるのか、有名医大をなんでスピンアウトしたのか、興味は尽きない第二巻。

フラジャイル(2) (アフタヌーンKC)

フラジャイル(2) (アフタヌーンKC)

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(2)

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(2)