読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawaの購入記録

漫画、小説、映画や買ったものの記録をつらつらしていきます。昔は一部技術情報もありました…

GIANT KILLING 36巻

今回でとうとう本作の主人公が達海から椿に変わった感のある36巻ですね。

U-22代表でもいっぱいいっぱいだった椿がとうとうA代表に招集されて、もうどうなるのかわからない。でも選ばれたからにはうまくなりたい、という椿のチキンながらも断固たる決意がいい感じです。

そんな椿の胸中を見透かして、グラウンドでボールを蹴ろうとしている椿に代表経験のある達海が「それぞれの国で一番フットボールがうまいやつら*1が集まって試合するから、一つレベルが上がることは間違いない」というアドバイス。こういう時代表経験者だと重みが感じられますね。

そんな代表の10番は東京の持田じゃ?と思ったら、けがで代表も離脱して今はドイツでプレイする花森。どうも一癖も二癖もありそうな感じです。

で、こちらも表は白いけど、裏は真っ黒(?)の代表監督ブラン。椿のプレイはちゃんと見ていて、最上のプレイのさらにその上を要求することでプレッシャー。でも、この中ならもっとうまくなれそうという漠然とした予感、仲のいい窪田もいるし、37巻のフレンドリーマッチはどうなるか楽しみですね。

GIANT KILLING(36) (モーニング KC)

GIANT KILLING(36) (モーニング KC)

*1:とは限らないけど、トップであることには間違いない