読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawaの購入記録

漫画、小説、映画や買ったものの記録をつらつらしていきます。昔は一部技術情報もありました…

暗殺教室 17巻

それぞれ信じる者のために戦う姿はかっこいいですね。それがたとえ暗殺か、救うかにしても。3年E組の面々は殺せんせーを暗殺するのか、救うのか、それぞれ意見の対立を見た結果、多数決などではなく、今まで培ってきた暗殺のための技術でサバイバルゲームで雌雄を決すると。決まったほうは恨みっこなしで相手に従うという決着方式。

殺す陣営は大体各分野のスペシャリストがそろい、人数もやや多い。やはりこのままやれば自分の力で殺せるかも?という自信の表れという感じなんでしょうかね。

烏丸先生は審判役。お互いそれぞれのいいところを出そうとするも、勝手知ったる中ということで相手の弱いところに強いところをあてる方式でお互い消耗戦の様相。渚は特殊技能を生かして、フリーで漂うものの、全く姿を見せず。カルマもそこのところが不気味に感じるものの、手を打てない。しかし最終局面近くでびっくりするところから出てくる渚。それは思いつかんよなぁ。

最後は結局渚とカルマのタイマン。しかも渚には圧倒的に分が悪いし、そもそも渚の奥の手の猫だましは知られてしまっている。知られていたらなかなか厳しい。その結果は…やはり渚。

殺せんせーを救う方針になったものの、ただの中学生にはどうしようもないかとおもいきや、わずかながら救う研究やっていることが分かり、いざ修学旅行の宇宙いき。くしくも行くのは渚とカルマ。さて、どんな宇宙旅行が待っているんでしょうかね。

#16 終業の時間・1学期

#16 終業の時間・1学期

暗殺教室 17 (ジャンプコミックス)

暗殺教室 17 (ジャンプコミックス)