読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawaの購入記録

漫画、小説、映画や買ったものの記録をつらつらしていきます。昔は一部技術情報もありました…

ワールドトリガー 15巻

ガロプラ侵攻も佳境。ガロプラの侵攻はひっそりとランク戦の裏で行われていて、市民をはじめボーダーのB/C級の面々にすら知らされないようにひっそりと退治される…予定。

しかしボーダーには「見た対象の」未来が予知できる迅がいるとガロプラはかわいそうというしかない。とりあえず最初に迅があたり、相手を「見て」しまうことで、相手の未来が予知できて、ことごとく先手を打たれるガロプラ。

そして、そんなガロプラと合流してアフトクラトルに帰ろうとしているヒュース。しかしアフトクラトル側はヒュースに帰ってきてほしくないので、ガロプラには「ヒュースは連れ帰る必要なし、どうしてもというなら殺せ」という命令が。そんなことは知ってか知らずか、ヒュース、ガロプラ、ボーダー陣営の思惑が交差している中、お子様陽太郎が迅の余地の中から確率の低いものを選んでしまい、ジョーカー的な動きになるのか、とんでもない未来を選ぶのか。

数は多くないが人間の連携と臨機応変さを生かして押し返したと思われるボーダーだけど、突然現れた人間が捜査しているとしか思えないようなトリオン兵に苦戦する面々。しかし迅の予知で「もうあとちょっとで終わる」ということで玉狛第一の採算度外視のトリガーが発動、戦局を一気に有利に持っていくが、さて予知の通りに行くかな?

ということでガロプラ進行も大詰め。この侵攻がターニングポイントになる人も、過去のやられた経験を生かして相手を倒すもあり、うまく成長している姿を描いているなーという感じでした。

ワールドトリガー 15 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ワールドトリガー 15 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ワールドトリガー 15 (ジャンプコミックス)

ワールドトリガー 15 (ジャンプコミックス)