読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawaの購入記録

漫画、小説、映画や買ったものの記録をつらつらしていきます。昔は一部技術情報もありました…

背すじをピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~5巻

横田卓馬 背筋をピンと! 週刊少年ジャンプ 漫画 マンガ

つっちーとわたりんの二回目の挑戦は一回戦突破という結果を残し、まずまずの目標通り。しかし、先輩たち…とくに土井垣先輩とかはラテン含めてやりきって、ついでに優勝までしてしまうくらいの無双ぶり(チャンピオンが不在だったこともあるけど)。

とにかく踊りきる体力がないということで、一週間の楽しい地獄の合宿が始まると。定番ですね。そしてやはり少年誌で戦いとくれば、必殺技しかない。同級生のライバルをビシバシ打ち倒す必殺技…なわけなくて、オリジナルのステップということ。

そして基本的には先輩たちはノータッチ。自分たちで考えて、仕上げは手伝うよと。あらーと思ったら、すでに土井垣たちが卒業した後のことを見越して、ということだったんですね。確かに普通の先生ではこんなもの指導できるわけもないし、さりとてつっちーわたりんが辞めるとも思えない。そしてやめるといえば、土井垣のパートナー、リオ先輩も卒業と同時に本格的なプロを目指す競技はやめると。

競技ダンスはパートナーがいるわけでその辺がずれると成績も伸びない。つっちーひらりんはゆるゆると見た目通りに成長しているようで、必殺技を引っ提げて次の大海に望むわけだけど、さてどうなることやら。

今回は連載中にあった番外編も二つ収録。宮大工君の空気の読まなさというか、相手が勘違いしそうなことを真顔で言う番外編は非常に面白い。ターニャとひらりんが最初に言葉を交わしたときのターニャの心情も微笑ましくていいですね。次も楽しみです。

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 5 (ジャンプコミックス)

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 5 (ジャンプコミックス)