読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawaの購入記録

漫画、小説、映画や買ったものの記録をつらつらしていきます。昔は一部技術情報もありました…

狼の口ヴォルフスムント 8巻

狼の口 ヴォルフスムント 久慈光久 漫画 歴史 戦争 マンガ

ちょっと長いなと思ったら、これが最終巻?長いなと思ったら、森林連邦が独立を勝ち取るところまで描かれましたね。戦争の終盤ということで、かなりグロイシーンが多いけど、中世の戦争だからやむを得ないか。

公弟レオポルドは残党の200人を騎士を含む2000人で追い立てる。騎士の戦闘力、突破力はすごいですね。ちまちま立ちふさがる時間稼ぎの農民歩兵をあっという間に蹴散らす。

策なく立ちふさがっているのかと思ったら、実は逃げまどっているのはおとりで、分離した本体が後ろから追い立てる。一本道で進む道は障壁、後ろから農民兵。密集しているので騎兵は反転も進行もできず。そして、今までさんざん非道なことをやったので、降伏勧告といった騎士の作法もなし。

レオポルドは貴重な配下騎士をほとんど失った挙句、あと一歩というところを命からがら脱出。ここで死ななかったんですね。森林三連邦は独立して、スイスの礎を築いたと。ハプスブルクのこれからの凋落はあまり描かれなかったですね。ウィリアム・テルの物語がうまく入った(シーンのところどころは好みが分かれますが、これは仕方ない)作品でした。

狼の口 ヴォルフスムント 8巻<狼の口 ヴォルフスムント> (ビームコミックス(ハルタ))

狼の口 ヴォルフスムント 8巻<狼の口 ヴォルフスムント> (ビームコミックス(ハルタ))

狼の口 8巻 (ビームコミックス)

狼の口 8巻 (ビームコミックス)