読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawaの購入記録

漫画、小説、映画や買ったものの記録をつらつらしていきます。昔は一部技術情報もありました…

王様の仕立て屋 ~フィオリ・ディ・ジラソーレ~2巻

今回は日本人には避けて通れない問題(?)の白シャツについて。日本人がスーツ着るときは白シャツが多いわけですが、欧米では白シャツはフォーマルな席とか、公式の場に出るときくらい特別なもの、らしい。作中では黒靴にも触れていますが、今は黒靴は特に若…

王様の仕立て屋~フィオリ・ディ・ジラソーレ~1巻

連載が続いているけど、シリーズをまた変えたとは気づいていなかった。この単行本が出ることで知った次第。 今回から基本ジラソーレが受けて、どうにもならなくなってオリベに流すという一連の流れになっているんですね。途中経過は省いて完成形になると。も…

王様の仕立て屋~サルトリア・ナポレターナ~13巻

今まではスーツや靴、コートにシャツといったいわゆるアウターそのものが話題でしたが、今回は柄模様、しかもタータンチェックというメンズの着こなしには大変難しいとされる柄。 そもそもタータンはスコットランドのクラン(氏族)を識別するために各家固有の…

王様の仕立て屋~サルトリア・ナポレターナ~11巻

黒色の服って楽でいいんですよね。どの色が合うとか考えなくていいし。威圧感とかは全く考えず、ただ楽だから着ています。そしてそういう人は少なからずいるようで、私の知り合いにも何人か黒のみという人がいます。 そして今回の主人公も北部のいいところの…

王様の仕立て屋~サルトリア・ナポレターナ 10巻

今回もまたジーンズとナポリスタイルのジャケットを合わせる騒動。以前も似たようなシチュエーションがあったけど、今回はよりディープにって感じなんですね。 確かにジャケットとジーンズは非常に合わせにくそう。カジュアルというかそもそも服の方向性がま…

王様の仕立て屋9巻 ~サルトリア・ナポレターナ~

大酒のみで肝心な時にミスをする高級ホテルウーマンのニナ。一度やらかしたことは二度ある、ということで緊張しているときに限って高級コートを安物のコートと取り違えるという大失態を犯す。 お客さんは父親から相続した大切なコートを紛失されたとカンカン…