読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawaの購入記録

漫画、小説、映画や買ったものの記録をつらつらしていきます。昔は一部技術情報もありました…

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~7巻

二次予選も大詰め。モスラ、ゴジラ、ガメラ(?)のジュニア部門トップ3が同じ第一ヒートで争うことになり、つられて見失うその他大勢の参加者。そんななか、経験者のめぐちゃんは冷静に咲本組につられることなく自分たちのダンスをしようと提案、何とか二次を通りたかったものの…残念。通らないものの「プロのアイドル」としての心構えをアイドル業先輩のぞのきゅんから教えられるところは世界が違っても通じるものがあるいい描写ですね。

こうやって人それぞれ、悩みありながらも成長していくのが高校生らしくていいですね(登場人物のスタイルは高校生離れしているけど)。悩みといえばトップの咲本組にどうしても勝てない土井垣、リオコンビ。ダンスは確かに印象のスポーツで長年順位付けしていると見るほうもそう思ってしまうことで思い切った起死回生のダンス。

今回は本当に大ゴマが多くて見栄えがいい絵が多いですね。特にトップ三組と主人公のつちわたコンビにはちゃんと見開きで見栄えのするところが多くて、この辺よく毎週続くなと思ったものです。反面、ぞのきゅんたちはピクチャーポーズが出るも、見開きにならないのがやはりここまでカーという感じでしたね。

最後にはみんな忘れていたつちわたブーストも飛び出して、咲本コンビですら面食らう展開。このままの勢いで二次予選を…と思ったけど、そうは問屋が卸さない感じですね。最初は一次、今回二次。来年進級してこれ以上の結果を出せるんでしょうかね。悔しさをばねに踏ん張れるか男の子。

さて、次の準決勝の行方は?

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 7 (ジャンプコミックス)

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 7 (ジャンプコミックス)

背すじをピン!と?鹿高競技ダンス部へようこそ? 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)

背すじをピン!と?鹿高競技ダンス部へようこそ? 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)