読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawaの購入記録

漫画、小説、映画や買ったものの記録をつらつらしていきます。昔は一部技術情報もありました…

ワールドトリガー 17巻

ワールドトリガー 葦原大介 SF 週刊少年ジャンプ マンガ 漫画

香取隊、柿崎隊とのB級ランク戦も決着。終わってみれば玉狛第二の新技てんこ盛りのバトル。普通はメンバーを均等に強くする、という方針だけど、エースの久我をより強くするというピーキーな方針に変更。決着もしたけど、アマトリチャーナの必殺重石狙撃も物理的な盾…というほどでもない、板か何かで防げるという弱点も露呈。

しかしこれで昇格の目が出てきたけど、これだけではまだ戦力が足りない。そこでヒュースと取引して、アフトクラトルに連れて行く代わりに、玉狛第二に入隊するというもの。単なるネイバーならまだしも、大規模侵攻したメンバーの一人を上層部がすんなり引き入れるとも思えず、修の手腕が問われる別の戦い。

しかし、ほんとに高校生か?と思うような交渉を見せて、見事にヒュースの入隊と連れていくことになってめでたしめでたし。果たしてヒュースの戦力はどんな感じなんでしょうかね。黒トリガーではないものの、正統派の強さのようだけど。

葦原先生無理がたたってしばらく休載だそうですが、ゆっくり待ってます。

ワールドトリガー 17 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ワールドトリガー 17 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ワールドトリガー 17 (ジャンプコミックス)

ワールドトリガー 17 (ジャンプコミックス)

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~8巻

背筋をピンと! 週刊少年ジャンプ 漫画 マンガ 横田卓馬

前回の雄々しい表紙から少し緩やかな感じですね。しかし、主人公はこの二人ではなく、絶対王者の咲本&サラと土井垣&リオのペアたち。

決勝戦開始直前、土井垣がずるいといわれながらも、このタイミングしかないと「優勝したら組解消を考え直して」という懇願から始まる決勝戦。でも、効いても当然容赦しないただの天才咲本。どんなにけんかしてもパートナーのサラはフロアの上では信頼しているという信頼感が半端ない。

そして、サラ嬢が見せるちょいちょいバトルモード顔もかっこいいというか、なんというか(^^;。ラスボスはラスボスだけど、結構愛嬌のあるラスボス咲本ペア。

大人げなく(って高校生だからみんなほぼ同い年だけど)、後輩のルーティンをパクッて、さらにより高度な技で相手の心を折りにかかる咲本。そして、それにつられてミス連発する…若いな(ってそれも二歳下なだけだけど)。対抗できるのはパクられないベーシックなルーティンのみの金龍院のみか?と思ったら、体力の問題からリタイア。パートナーとはあんななれそめ(?)があったんですね。まぁ確かに美女がそばにいたら食が進みますわな(緊張してのどを通らないかもしれないけど)。

そうやって軒並みつぶしていって、残ったのは土井垣ペアのみ。相談もしていないけど、最後に残った秘策は…なんとつちわたブースト。しかし、「やってみたい」というだけでパクる咲本ペア。

見たのはつっちーペア向けに簡単にしたバージョンだけど、土井垣は本来のバージョンでやっていたにもかかわらず、咲本も同じルーティン。しかし、土井垣はさらにその先を考えていて、そこまではついていけず、差が出た?

読めなくなった決勝戦。次で決着ですかね?

ちょいちょい話と話の間に入る冷めた宮大工君のコメントおまけページが面白いw。

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 8 (ジャンプコミックス)

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 8 (ジャンプコミックス)

背すじをピン!と?鹿高競技ダンス部へようこそ? 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)

背すじをピン!と?鹿高競技ダンス部へようこそ? 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)

海賊とよばれた男 9巻

海賊とよばれた男 歴史 須本壮一 漫画 マンガ

イギリス海軍の目をかいくぐり、イランに向かう日章丸。官庁と機関長のみが知っており、副長ですらも知らせていないという秘密行動。巨大タンカーには不向きな海路を抜け、イランの大歓迎を受けつつ、タンカーに積載。

搭載まではうまくいったものの、今度は帰路が大変。なんせ相手は軍艦。その気になれば魚雷や機雷で撃沈させてしまえば死人に口なし、何でもできる…今だと考えられないような気もするけど、あってもおかしくないような気もします。

無事に切り抜けて、到着を土曜にすることで仮処分を免れる技まで使い、なんとか荷揚げして、今度はイギリスとの法廷闘争に持ち込まれたけど、国岡は自信満々。大国&戦勝国のエゴで裁判を押し切られないように、あらゆる手が打たれそうです。

海賊とよばれた男(9) (イブニングコミックス)

海賊とよばれた男(9) (イブニングコミックス)

海賊とよばれた男(9) (イブニングKC)

海賊とよばれた男(9) (イブニングKC)

グラゼニ~東京ドーム編~ 9巻

アダチケイジ グラゼニ スポーツ マンガ 漫画 野球

リハビリ登板中の凡田。首脳陣の手厚い復帰プランのおかげで、5回まで登板すると、そのあと登録抹消して抹消期間いっぱいファームでちんたら調整という超過保護体制。

そして、河野をもてあましていた北海道のパープルシャドウズは夏之助をトレードにほしいといったが、やはりというか、モップスは拒否。代わりに則川をトレード。しかし奥さんは田舎が嫌いで東京に出て、見事に執念で野球選手の奥さんになった、という上昇志向の持ち主。ほかのどんなところについていくとしても北海道だけはない、と思っていたのに、まさかこんな形でとは。しかし、きっぱりあきらめていくところは野球人の奥さんしてますね。

あれよあれよという間に夏之助は10勝目前。普通なら防御率もそれなりの数値のはずなのに、6点台とありえない。好材料としては登板を重ねるごとに失点が少なくなっていること。

そして、区切りの10勝目。0点更新が続くかと思いきや、夏之助の登板の時だけ打点を稼ぐ河野が仕事して10勝目がついてしまう!と思いきや、あいてのライナー直撃。九死に一生を得て、ツキの太さを証明する格好となった夏之助。

次はオフシーズンの銭闘になるわけだけど、このありえない数字がどうなることやら。

グラゼニ?東京ドーム編?(9) (モーニングコミックス)

グラゼニ?東京ドーム編?(9) (モーニングコミックス)

グラゼニ~東京ドーム編~(9) (モーニング KC)

グラゼニ~東京ドーム編~(9) (モーニング KC)

彼方のアストラ 2巻

彼方のアストラ 篠原 健太 SF 漫画 マンガ

フニシアの立ち聞きによりこのクラスの修学旅行は意図的に計画され、暗殺者自身もまとめて殺す段取りということが分かって衝撃の一同。確かに暗殺者自身が自分の身の安全を考えない宇宙空間であれば、取れる手段は結構広がりそう。

そしてそのことを一堂に告げたタイミングで、運よく(悪く?)外壁破損。単に偶然で隕石群がぶつかっただけのようだけど、一同の肝を冷やすには十分。そして、ぎりぎりで回避。

到着した第二の惑星はちょっと変わった生態系の星。水はサボテンのような植物に蓄えられていて、それを運ぶとなると結構な重労働。しかし、動物はフレンドリー。通常は肉食動物が生態系の頂点になっているが、この星では、キノコ(と思われるポールツリー)が頂点で、たびたび毒胞子をまき散らし、根元には解毒剤となる植物を置いている、というなんともすごい生態系。

動物は本能で解毒剤を知っているが、たどり着けなければ死あるのみ。倒れた動物はポールツリーの栄養となり、見事に生態系が循環すると。なかなか考えられています。

メンバーも引っかかり、生死の境をさまよったが、カナタの決死の採取により一同復帰。そして地味で何も取り柄がない大きいだけと思われていたユンファが実は超有名歌手の娘で、自身も歌がうまい(が、親に制限されている)。そして生死の境目をさまよう一同はユンファの歌に救われ、ポールツリーがおいしい食材であり、水問題も地下水脈を発見し、一挙解決。そしてユンファは自分の殻を一つ破ってちょっぴり成長。

地味で何も取り柄がないと思われていたユンファにもちゃんと役目があって、それぞれ成長していくのはなんとも少年漫画らしいですね。続きも楽しみです。

彼方のアストラ 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

彼方のアストラ 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

彼方のアストラ 2 (ジャンプコミックス)

彼方のアストラ 2 (ジャンプコミックス)

銀河英雄伝説 4巻

銀河英雄伝説 SF 田中芳樹 マンガ 漫画 戦争 歴史 藤崎 竜

第六次いぜるろーん要塞攻略も大詰め。同盟はミサイル部隊で強襲するも、見抜いたラインハルトと貴下の艦隊によって逆転の目を許す形になる。

しかし、その逆転の策はラインハルト自らがおとりになり、トールハンマーの射線上におびき出すので一歩間違えば同盟事撃たれるし、ミュッケンベルガー元帥は撃つ気満々。その辺の駆け引きとの緊張感の演出は漫画ならではですね。

ビッテンフェルトがああいうキャラデザになったかー。悪くはないけど、もう少し武骨なイメージだったけど、これから彼の出番でまたイメージが変わるかもしれないので、楽しみですね。

銀河英雄伝説 4 (ヤングジャンプコミックス)

銀河英雄伝説 4 (ヤングジャンプコミックス)

銀河英雄伝説 4 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

銀河英雄伝説 4 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

狼の口ヴォルフスムント 8巻

狼の口 ヴォルフスムント 久慈光久 漫画 歴史 戦争 マンガ

ちょっと長いなと思ったら、これが最終巻?長いなと思ったら、森林連邦が独立を勝ち取るところまで描かれましたね。戦争の終盤ということで、かなりグロイシーンが多いけど、中世の戦争だからやむを得ないか。

公弟レオポルドは残党の200人を騎士を含む2000人で追い立てる。騎士の戦闘力、突破力はすごいですね。ちまちま立ちふさがる時間稼ぎの農民歩兵をあっという間に蹴散らす。

策なく立ちふさがっているのかと思ったら、実は逃げまどっているのはおとりで、分離した本体が後ろから追い立てる。一本道で進む道は障壁、後ろから農民兵。密集しているので騎兵は反転も進行もできず。そして、今までさんざん非道なことをやったので、降伏勧告といった騎士の作法もなし。

レオポルドは貴重な配下騎士をほとんど失った挙句、あと一歩というところを命からがら脱出。ここで死ななかったんですね。森林三連邦は独立して、スイスの礎を築いたと。ハプスブルクのこれからの凋落はあまり描かれなかったですね。ウィリアム・テルの物語がうまく入った(シーンのところどころは好みが分かれますが、これは仕方ない)作品でした。

狼の口 ヴォルフスムント 8巻<狼の口 ヴォルフスムント> (ビームコミックス(ハルタ))

狼の口 ヴォルフスムント 8巻<狼の口 ヴォルフスムント> (ビームコミックス(ハルタ))

狼の口 8巻 (ビームコミックス)

狼の口 8巻 (ビームコミックス)