読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawaの購入記録

漫画、小説、映画や買ったものの記録をつらつらしていきます。昔は一部技術情報もありました…

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 6巻

高柴先生編、本当に終了。もともと高柴先生が放射線科を定年間際に追われたのは若い医師と技師が意見が合わず、若い医師がコンサルタントと結託して、追い出そうとしたものの、コンサルタントには放射線診断から撤退するという遠大な目標があり、逆に映像診断を気軽にやられるようになってしまい、尋常じゃない…それこそ、高柴先生の若い時代に見た地獄をもう一度となってしまう。

そしてコンサル久保田の思惑通り、放射線診断が致命的なやってはならない診断ミス。人間だからミスはあるものの、内蔵にできた穿孔を見落とすという、あってはならない初歩的なミス。コンサル久保田はこれを機会に画像診断から撤退、高柴先生の診断クリニックに外注に出すというおいおいみたいな経営改革を提案。

病院は儲からない映像診断から撤退&中間搾取で儲け、高柴先生は数千万の実入りをゲットという若い医師が一人で損した感じですね。

幕間の話は病理医のなり手のなさを描いた話。若乱会で毎年ゼミ生を相手に病理医体験セミナーみたいなものをやるものの、20年近くやって、なるといった人はただの一人もいない。確かに多かれ少なかれ、医者になるような人は患者を治すことをモチベーションにしている人もいるだろうから、患者を相手にしない病理医になりたがらないのも無理はない?

今病理医最前線で頑張っている人たちもだんだん年食って、岸先生が若い方、さらには奇跡の転科をした宮崎先生の話を聞けば少しは違うのかと慣れない学生相手に講演。すると一番病理医にならなさそうだった学生が「病理医になります!」と。患者を治すことをどうしてもモチベーションにできなかったけど、医者相手に関係を築く、という宮崎と、岸の丁寧なお礼と諭された言葉に思いいるところがあったんでしょうかね。

そんな彼女もしばらく岸先生のところで実習するとのことだけど、持ち込まれた患者は岸先生が3年前に「不明。観察を要す」とサインした厄介そうな患者。さて、どうなるんでしょうか?

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(6) (アフタヌーンコミックス)

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(6) (アフタヌーンコミックス)

フラジャイル(6) (アフタヌーンKC)

フラジャイル(6) (アフタヌーンKC)