読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawaの購入記録

漫画、小説、映画や買ったものの記録をつらつらしていきます。昔は一部技術情報もありました…

僕だけがいない街 9巻

僕だけがいない街 三部 けい ミステリー 漫画 マンガ

本編では悟がこんこんと眠っていた間、クラスメイトや関係者たちがいろんな思いをして過ごしていたようですが、その間を埋める短編集という感じですね。

悟が眠りについている間、毎日のようにお見舞いに来ていたけど、お母さんが心苦しく思って、誰にも告げず転院したこと。悟の意思を継ぎ、弁護士…ではない法律の道を歩み、探偵の手伝いをすることになった謙也。

愛梨が写真家を目指し、挫折しかけるも区切りをつけて、橋の下に行く直前で9巻のラスト。うまく締めた感じですね。別に読まなくてはならない、ということはない9巻だけど、読んだらちょっとした空虚なところがうまく埋まるという感じですかね。

僕だけがいない街(9)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

僕だけがいない街(9)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

僕だけがいない街 9 (角川コミックス・エース)

僕だけがいない街 9 (角川コミックス・エース)

動物のお医者さん 1-12

佐々木倫子 セール

白泉社系のコミックスがいろいろポイントバックされているので、思わず残りを買ってしまいました。動物のお医者さんの場合、50%ポイントバックでした。

ポイントに関しては本によって変わるようです。白泉社のコミックはなかなかポイントバックがないので、お得かもしれません。

プラチナエンド 5巻

プラチナエンド マンガ SF 小畑 健 大場 つぐみ 漫画

あまりにも突き抜けた悪…というか、人は同様のシンパを集めるもので。同じく神候補に選ばれた底谷は容姿や人生に絶望して自殺しようとしたところにバルタが訪れ、人生チェンジ。

しかし、長らく人と話すことすらしていなかったので、神候補の力を持ってもどうにもならない。そこにメトロポリマンの残虐ショーを見て、心酔し、しもべになることを誓うけど、なかなか信用されない(当たり前)。しかし、そこそこの用心深さと知能はあるようで、メトロポリマンの奏に気に入られそう?

六階堂の妻子を人質にとり、現れたところで閉じ込められた六階堂たち。奏も駆けつけて、二対一になったところで逆転の目はあるんでしょうかね。

鍵はルベルがランクアップして、咲が翼の能力を得られるか、でしょうかね。

プラチナエンド 5 (ジャンプコミックス)

プラチナエンド 5 (ジャンプコミックス)

プラチナエンド 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)

プラチナエンド 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ 9巻

週刊少年ジャンプ 漫画 マンガ 横田卓馬 背筋をピンと! スポーツ

スタンダード結果発表。長い間入れ替わらなかった序列がとうとう入れ替わる。全力を出した土井垣ペアがとうとう咲本ペアを下し、スタンダード優勝。これでペア解消の件も考え直す…のではなく、もう続ける気満々。しかし代償は大きく、限界まで踏ん張ったので、ラテンは欠場。土井垣もいないラテン、咲本ペアの独壇場かと思いきや、名乗りを上げるライバル(候補)たち。

その第一が小物、モブキャラ、八巻ペアの引き立て役と思われた黒田…もとい、畔田ペア。そんな畔田君もかつて咲本ペアや土井垣ペアが頭角を現すまでは天才少年の名をほしいままにしていた…らしい。天才少年としてテレビにも出てしまったことは本人曰く黒歴史。

でもパートナーの仙崎嬢はそんな小物、落ち込み、モブキャラ、ダンスに集中する、八巻のことをライバル視している畔田をからかいまくる様子がかわいい。でもなんだかんだ言って畔田のことを憎からず思っている。まぁ、そうじゃないと10数年もパートナしないよね。

対する八巻ペアは絶不調。まったくすり合わせができないものの、ほかのペアのように相手をリスペクトするのではなく、対等なライバルとしてだんだん呼吸を磨き上げて準決勝で始まるジャイブから本領発揮。

咲本劇場に殴り込んで無事に倒せるのかな?

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 9 (ジャンプコミックス)

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 9 (ジャンプコミックス)

超人ロック ドラゴンズブラッド 4巻

超人ロック SF 漫画 マンガ 聖悠紀

ドラゴンズブラッド編も終了。完全に竜人になってしまったレモンだけど、理性や記憶は失っておらず、能力もそのままと。対してクーデターを起こして、テンペストクランを乗っ取ったゴダールも、レモンやフリージアがいる限り心休まらないので、竜の血を与えた追っ手を出す。

ロックもなんとか撃退したものの、サイエキスパンダー相手になかなか苦労。しかしロックを追い込むと第二段階出るんじゃないかなーと思いつつ、やはり主役は竜人のレモンが撃退。しかし、ゴダールはフリージアをやってしまっていたので、悲嘆にくれるレモン。

最後の手段として、竜の血を入れるものの、主の脳は死んでしまっているため、記憶がない副脳で復帰したフリージアは記憶がない状態。それでも生きているだけで、ということで、二人で竜人のつがい(?)として息子を見守ることにしたんですね…子供はロックと乳母が見守るそうだけど、成長した息子がどうなるんでしょうか。

ロックは4巻くらいで1シリーズって決まっているみたいですね。長すぎず、短すぎず、悪くない感じです。

超人ロック ドラゴンズブラッド 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

超人ロック ドラゴンズブラッド 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

超人ロック ドラゴンズブラッド 4<超人ロック ドラゴンズブラッド> (コミックフラッパー)

超人ロック ドラゴンズブラッド 4<超人ロック ドラゴンズブラッド> (コミックフラッパー)

超人ロック 鏡の檻

超人ロック 聖悠紀 SF マンガ 漫画

今年で聖先生名義のロックが50周年ですか!作画グループ名義で出してから、ということだそうなので商業誌だともっと短いそうで、その辺のいきさつが巻末おまけマンガに描かれるようで。ロックも主人公同様掲載紙を転々としている不思議な漫画ですね…。

話変わって、本編は前作「ラフノール」の続き。流刑星として再生が決まったラフノールをテトがどうするか、ということで話が転がるんでしょうね。ロニもなんであんなに若いのかと思ったら、クローンを大量に作っていて、記憶の引継ぎをしているんですね。30年程度で寿命が来るとしても、100体用意しておけば3000年と。

しかし、クローンとはいえ、それぞれ個別の人格を持っているんですね。この辺はロックのクローンでもそうでしたけど。そしてロックがアバターのゲームと思いきや、Eジャマーに見せられたエンジニアが、ゲームをきっかけにしてエスパーを制御したい会社の重役さんと接触、ここで超兵器ができるんでしょうか?

そして、新しいラフノールはどうなっていくんでしょうね。

超人ロック 鏡の檻 (ヤングキングコミックス)

超人ロック 鏡の檻 (ヤングキングコミックス)

超人ロック 鏡の檻(1) (ヤングキングコミックス)

超人ロック 鏡の檻(1) (ヤングキングコミックス)

ジョジョリオン - ジョジョの奇妙な冒険 第8部 14巻

ジョジョ ジョジョリオン 荒木飛呂彦 マンガ 漫画

うーん、話進んだの…か?これ。定助が混ざっている人間であることがはっきりとわかり、そしてなぜロカカカをゲットしようとしていたのか、というバックグラウンドは明かされた。

でも、話の半分くらいが常秀が憑りつかれた自律型スタンド、ミラグロマンを退ける話で、話が進んだのかどうなのか。このペースで行くと7部越えの話になるのかなー。7部は割とそれぞれ話が進んだような記憶があるんですけどね。

ジョジョの奇妙な冒険 第8部 モノクロ版 14 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ジョジョの奇妙な冒険 第8部 モノクロ版 14 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ジョジョリオン 14 (ジャンプコミックス)

ジョジョリオン 14 (ジャンプコミックス)